第一種衛生管理者試験を毎日10分で一発合格する勉強法

この勉強法で私たちの部署は7名全員が第一種衛生管理者試験に一発で合格しました。

試験

第一種衛生管理者試験に落ちた!!  何か良い方法はある?

更新日:

 

 

第一種衛生管理者試験に落ちてしまった、またはなかなか合格できない、そんな人にもう一つの受験方法があります。メリットとデメリットについても書きたいと思います。

 

もう一つの受験方法とは?

第一種衛生管理者試験に落ちてしまったり、何度受験しても受からないという話をよく聞きます。会社からは、まだ受からないの?と言われたり恥ずかしい思いもしますよね。通常の仕事もあるし、自宅に帰ってから勉強しなくてはならなかったりと、俺だって一生懸命にやってるんだぁ~と叫びたくなる気持ちを抑えてとりあえず記事を読んでみてください。

 

衛生管理者の試験には、代表的なものとして

  • 第一種衛生管理者試験
  • 第二種衛生管理者試験

があります。

 

そしてもうひとつ、第一種衛生管理者特例試験というものがあります。どういった試験というと、第二種衛生管理者免許を取得している人が何らかの事情で第一種衛生管理者免許が必要になったときに受験する試験です。

 

試験の内容は違うの?

試験の中身はというと、出題範囲と問題数が通常の第一種衛生管理者試験と比較して、ある意味狭くなっています。と、いうことは、勉強する範囲と時間が短くてすむんですね。結論を言ってしまうと、通常の第一種衛生管理者試験と比較して合格しやすいんです。

内容については、ズバリ労働衛生、関係法令の有害業務の問題だけ出題され、問題数は20問です

どうですか?合格できそうな感じがしてきましたか?

 

特例試験のメリット

特例試験のメリットは、

  • 勉強する範囲が限定できる
  • 問題数が少ない
  • 時間がない人でも合格する確率がグンとあがる

すでに第二種衛生管理者免許を取得済の人が受験する試験なので、試験範囲も有害業務のみと出題範囲もグンと狭くなります。出題範囲が狭まるということは、覚えることも少なくて済みます。そして、時間がない人にも合格する確率が高くなると思います。

 

当然、デメリツトもあります。

なんとなく楽なイメージがする特例衛生管理者試験ですがデメリットもあります。

 

それは、

  • 試験を2回受けなければならない
  • 受験料も二回分かかる
  • 衛生管理者免許も2回申請しなければならない
  • 時間がかかる

費用も試験を受験する手間も二倍かかります。そして、時間もかかります。

 

まとめ

第一種衛生管理者免許のもうひとつの取得方法ですが、わたしの勤務する会社でも、時間のあまりとれない人や、なかなか合格しない人、自信の無い人は、この方法で第一種衛生管理者免許を取得しています。確かに手間はかかりますけど、確実に両方の試験を一発でクリアーしています。第一種衛生管理者取得が、どうしても無理そうだと感じたら最後に試してみてください。

おすすめの記事

☆格安講座、月額980円の衛生管理者講座で合格を目指す。

おすすめの記事

1

おすすめの衛生管理者講座を偶然に発見しました。安かろう、悪かろうでは、いくら受講料が安くても時間がもったいないです。しかし、内容が十分に合格できる内容であり、時間を短縮できる講座ならば、積極的に利用し ...

2

    第一種衛生管理者試験に落ちてしまった、またはなかなか合格できない、そんな人にもう一つの受験方法があります。メリットとデメリットについても書きたいと思います。   ...

3

平成29年度の衛生管理者試験の合格率が発表になりました。衛生管理者試験の合格率に大きな変動はあったのでしょうか?最近の傾向として受験者数に大きな変動がありました。 もくじ1 平成29年衛生管理者試験合 ...

-試験

Copyright© 第一種衛生管理者試験を毎日10分で一発合格する勉強法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.